post

第二新卒とは、新卒して3年未満の社会人を一般的には指します。定義が会社によって異なっているので全てがこれに当てはまるということではありませんが、20代前半の社会人を第二新卒と捉えるのが良いでしょう。このキャリアをもつ彼らがここ数年積極的に採用されています。しかし、第二新卒は転職活動をする上で本当に有利な存在と言えるのかは良くわかりません。今回は、第二新卒の転職にポイントを置いて考えていきましょう。

第二新卒は採用する会社からすると、メリット・デメリットがあります。それぞれを簡単に把握しておくことで、第二新卒の転職活動を有利に進めて行くことが出来るのです。それぞれ一体どのような特徴があるのか見ていきましょう。
【メリット】
まずはメリットについてです。第二新卒のメリットは、年齢が若く社会人の最低限のマナーを心得ているということです。ここ最近どの会社も新入社員がすぐに辞めてしまうことに悩まされています。そのため、新入社員の数が足りず、第二新卒の世代を欲している会社が多くあります。第二新卒世代の採用を行うことで、新卒で予定していた社員をカバーすることになるので、第二新卒の転職者は会社としてもとても重要に考える場合があるのです。

【デメリット】
それでは、デメリットはどんなものでしょうか。やはり、新卒がすぐに辞めてしまうことが大きく影響します。第二新卒で転職しているということは、前の会社をすぐに辞めてしまったという意味でもあります。そのため、中にはどうせこの人もすぐに辞めてしまう人かもしれないと低い評価から始まってしまう場合があるのです。このような場合、会社側のイメージを変える必要があるのです。第二新卒の転職活動をすることで、自分が他の同世代とは大きく違うということをうまくアピールすることが出来れば、第二新卒で採用されても、ネガティブな印象を与えることはないでしょう。もちろん、採用されたとしても、社内ではマイナスからのスタートの可能性があります。十分心得て仕事に取り組むことが大切です。

第二新卒者は、市場から見てもまだまだ採用されやすい位置にあります。しかし、採用されやすいからといって油断してはいけません。他の同世代と自分は違うということをしっかりアピールすることが出来なければ、転職後の仕事も大変なものであると言えます。同年代の問題を理解しながら転職活動をする必要がありそうですね。