post

転職をしようと思い立ち、いざ行動してみると自分の現在置かれている立場や転職先に求める条件などから転職活動が上手く進まないこともあると思います。しかし転職への自分の考え方を少し替えるだけで今まで上手くいかなかった転職活動が円滑に進んでいくかもしれません。そこで今回は転職を円滑に進める為にどんな考えを持ちながら進めて行けば良いのか考えていきたいと思います。

転職をしようと決断するということはそれ相応の理由があるからだと思います。しかし今の仕事内容や待遇、給与面などが何となく嫌で何と転職したというような考えだと転職活動も上手くはいきません。転職活動が上手くいっていない時だからこそ、今の仕事のどんなところが不満で転職をしようと決めたのか、今一度良く考える時間を設け具体的に考えていきましょう。  そうすれば自分の求めている転職先への条件や、もしかしたら今の仕事を辞めずにもその不満が解消される方法を見つけることができるかもしれません。 

転職先を探していると自分にとって様々な面で過去の仕事よりも好条件なものを多くの人が探すこととなります。しかし好条件のものを探そうと条件を厳しくし過ぎてしまうとなかなか自分が求めている条件に当てはまらなくなってしまい、転職活動も上手く進まなくなってしまいます。妥協して選んだ方がいいという訳ではなく、転職先に求める条件が仕事内容なのか報酬なのか勤務時間なのか自分が  転職先に求める条件で重視するものを3つ程度に絞って考えると転職が円滑に進みだすかもしれません。 

今の職場を離れようと決断し、転職活動を開始したからといって今の自分が抱えている仕事をおろそかにしていいということには、なりません。自分が今抱えている仕事をおろそかにしていると、その仕事を自分が会社を辞めることで代わりに担当する人との引き継ぎが上手くいかなくなってしまうことや、引き継いだ後で思わぬトラブルの原因となり、転職しにくい状況を自ら作ってしまうかもしれません。  何より責任感のないことをやっているとそれが習慣になってしまいます。自分の為にも目先のことだけを考えず、与えられた仕事に責任感を持ちましょう。 

ここまで色々と話してきましたが転職を円滑に進めていく為、まず始めになぜ転職をしたいのか今一度考え、転職したい理由を明確にしておきましょう。そこから自分が転職先に求める絶対条件を3つ程度に絞りながら転職先を探していくと転職活動が円滑に進んでいくかもしれません。それと同時に今抱えている仕事に責任感を持ちこなしていけば、自分から仕事を引き継ぐ人との引き継ぎも円滑に進み、転職し易い状況も作ることができます。