post

転職活動の際、必ず提出しなければいけない履歴書ですが記入する項目は購入した履歴書のフォーマットにより多少は違ってくるもののほぼ同じといってもいいと思います。経歴や資格などを記入欄にそって仕事に関係することを書いていくことになりますが、この項目だけで自分という人間を全部アピールするのは難しいことと思います。そこで履歴書で最も大事なのが自己PRの欄でどれだけ自分という人間をアピールできるかということになってくるのです。そのことを踏まえて今回はなぜ自己PRが転職活動の大事なカギになるのか話していきたいと思います。

 他者との差別化が図れる 

まず転職したいと自分が思うような会社は他にもその会社に転職したいと思っている人がいるという考えで転職活動していきましょう。
雇用先では求人募集するにあたり、ある程度どのぐらいの年齢でどの位の経験値、どの位の資格を持っている人など基準を定めているので当然、履歴書と照らし合わせながら採用候補者を絞って行きます。そうなると自ずと似通った人選になっていくのです。そこで他者との差別化がはかれるのが自己PRの欄なのです。自己PRの欄は履歴書で唯一自分が思っていることを自由に書いていい欄なので絶対に他者と被ることがありません。そのことから自己PRの欄を上手く利用し他者とは違う自分を見せていきましょう。

人間性がわかる

履歴書に記入する経歴や実績などは仕事上のデータ的なものであり、どういう人間なのか、くみ取ることができません。しかし自己PRの欄は仕事に対しての意気込みや熱意などを書くことができ、文面からその人の人間性を見せることができる場所なのです。このことから自己PRは自分という人間を分かってもらえる大事なポイントなので、じっくり考えていきましょう。

仕事面以外が見える

自己PRの欄は必ずしも仕事だけを書かなくてはいけないという決まりはありません。仕事以外のことだけを書き並べてしまうのは論外ですが、趣味やボランティア、資格取得の為の勉強などプライベートで力を入れていることを書いても全然問題はありません。自己PRとは、自分を知ってもらうということなので型にはまらず自由に書き、仕事面以外の自分もアピールして魅力のある人間だと思わせましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが自己PRは転職成功のカギを握っている大事なものです。職歴や実績などのデータ的なものにはない一人の人間としての自分をアピールできる大事な場所であり、他者との差別化をはかれる唯一のものと言っても過言ではありません。
そのことを理解し、他の人にはない自分の魅力を伝えて転職を成功させましょう。