post

誰しもは働いていると、一度は転職を考えるものではないでしょうか。
しかし、一度は転職を考えても、なかなか実行にまで移せないですよね。なぜ、諦めてしまったのでしょうか。転職を考えていながらも、諦めてしまった人の意見を聞いてみました。

資格も学歴もないから

次はどんな職種がいいかと考える前に、自分ができることが少ないと気づいたから。
資格がないからちゃんと転職できるのか不安。
今は接客業をしているけれど、他の業種に就くことができないから、また接客業になる。それなら今と変わらないしこのままでいい。

やはり、転職活動をしても、資格や学歴が壁になって上手く転職できるのか不安になっているようです。結局は給与もそんなに変わらないなら、わざわざ転職しようとは思わないのかもしれません。

辞めたいと想うのは一過性の気持ちだから

上司と喧嘩して辞めてやる!と思ったけれど、ここで激情にかられて辞めたら後悔するとおもったから。
後先考えずに辞めたら、甘えだと思ってしまった。次もすぐに辞めてしまうような弱い人間になると思ったから。
冷静に考えると、給与も人間関係も悪くないから。ちょっと通勤が辛いかな。でも引っ越せばいいかなと考えている。

やめたいと思うのは今だけの感情で、落ち着いてみればもう少し頑張っていようと思えることも多いようです。転職するのも大きなストレスにはなりますから、できるだけ今の会社を続けたいというのも大事ですね。

辞めるタイミングがわからない

気が弱いので、なかなか辞めたいと言い出せない。
人手不足なので、辞めるキッカケがわからない。
みんなどんなふうに退職しているのか気になる。

辞めたいと言い出せない人もいるみたいです。言い出せないまま、長く勤めている間に慣れてしまって、いまさら転職もいいかなあと考えているようです。

転職をやめてしまった理由は人それぞれありますが、続けられそうならば、同じ会社で働くのもいいですね。ただ、将来性が見込めないのであれば、早急に行動したほうがいいかもしれません。
転職に困った場合は、転職アドバイザーに相談してもいいですね。