post

転職活動を開始し転職したい会社を見つけ、採用試験を受けることになってもその会社を受けるのは必ずしも自分一人ということはありません。もしそのとき喫煙者と非喫煙者の二人がいて、同じ技量だとしたらそちらを採用する可能性が高いでしょうか?ということで今回は非喫煙者の方が採用されるのに有利なポイントを話していきたいと思います。

ファーストコンタクトでの印象が良い

まず面接という雇用側と転職者がファーストコンタクトを取る場で喫煙しているか否かの話になったときに喫煙者か非喫煙者だったら確実に非喫煙者の方が印象は良くなります。これは喫煙者が悪いということではなく、あくまで面接という短時間の一発勝負の場では第一印象は絶対的なものであり、こういったことも採用するか否かの判断材料になってしまうからです。このことから非喫煙者の方が第一印象でマイナスイメージを持たれなくて済みます。

健康へのリスクが低い

誰もが知っていることですが喫煙しているとそれだけで病気へのリスクは確実に高まります。病気になってしまうとそれだけで長期的な休業を余儀なくされてしまい、その分会社は戦力ダウンしてしまうことになります。しかし非喫煙者ならば喫煙に関連する病気のリスクは当然ながらありません。そのことから喫煙者と非喫煙者を、非喫煙者の方が病気による人員不足を引き起こし、戦力ダウンしてしまうという可能性を低くすることができます
並べた時

仕事効率が良い

喫煙者と非喫煙者を比べた時、仕事面での効率はどうでしょうか?喫煙者はタバコを吸うことが習慣となっている為、業務中定期的にタバコを吸う可能性があります。そうなってしまうとその時間分仕事の手が止まることになり、当然仕事の効率は良いものとは言えなくなってしまいます。そのことからタバコを吸うという時間を使わない非喫煙者の方が仕事の効率が良いといえます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職活動において喫煙者と非喫煙者ならば非喫煙者の方が確実に採用されやすいといえます。限りある時間で行われる面接での第一印象の良さや喫煙により仕事が止まってしまう心配もないので仕事効率が良い人材といえます。また健康面においても確実に非喫煙者の方がリスクも少なく、そういった面からも採用される確立が喫煙者よりも高いと言えます。