post

転職を考え始める理由として、自分の力のすべてを発揮できていない。別の職種に興味が出てきた。職場の環境になれないなど様々なきっかけがあると思います。別の職種に興味を持ったはいいものの何か資格がなければいけないのかと不安を感じていたり、経験がないので転職はできないだろうと諦めている人もいるでしょう。結論から言うと未経験の職種に転職することはできます。では、どのようにすればうまくいくのでしょうか?また、転職しやすい職種などはあるのでしょうか?

転職しようと思っている職種の経験は当然持ち合わせていません。つまり今までの経験・スキルをアピールしてもあまり効果がありません。もちろん全くないというわけではありません。しかし、あくまで前職でのことです。未経験の職種でやっていく以上、経験・スキルはあまり生きてこない場合が多いです。経験・スキルよりも、熱意・やる気を伝えることを意識しましょう。相手に伝わるようにするには志望動機をわかりやすくまとめておき、大きなジェスチャー・姿勢・口調で説明しましょう。熱意・やる気を伝えるにはその職種について理解しているのが重要です。時に、転職したいという思いのみを持ち漠然とした期待を胸に転職に臨んでいる方がいます。結果は言わずもがなです。未経験の職種に転職する場合、採用する側はその職種を十分理解をしてきているのかという部分を見てきます。細かいところまで知っておくのがベストですが、調べられる範囲だけでも理解を深めておくことができれば、志望動機の部分に濃い内容を書くことができます。

未体験でも転職しやすい職種には大きく分けて2つの種類があります。それは人手不足で悩んでいる職種・専門職を問われることのない職種です。人手不足であるということは売り手市場となっているということです。具体的な職種をあげると、介護職です。現在高齢化が進み、人手不足となっています。介護職に勤めるには資格が必要かと思われがちですが、実際は必要がなく経験がなくとも務めることができます。人気が非常に高いですが、待遇などこだわらなければ高確率で採用されます。専門職を問われない職種は、営業職や事務職などがあります。基本的にルーチンワーク化されている職種が多いため、知識や経験がなくとも転職しやすいです。

未経験だからと転職をあきらめる必要はありません。チャンスがあると感じたら積極的に挑んでみましょう。