post

転職を考えるタイミングは人それぞれだと思います。人によっては、このタイミングでやめようと考えながら仕事をしている人もいるかもしれません。転職のタイミングは人それぞれですが、ベストなタイミングがあります。このベストなタイミングで転職活動をしなければ、転職をしてもミスマッチになってしまうことがあるのです。 では、どのような時期が転職しようと考えるベストなのでしょうか。今回は、このポイントに絞って考えていきましょう。

転職を考える時期とは

転職を考える時期は、人それぞれですが、最も多いのは給料が安い。待遇が悪いと考えた時ではないでしょうか。良い待遇の会社を求めて転職をすることは悪いことではありませんが、それだけで会社を探すと必ず良い会社に巡り合うことが出来るかと言ったらそうではありません。だいたいが給料などの条件は良いけれど今の会社以上に激務と言う可能性があります。また、人間関係が悪い、社員を駒としか思っていない。お金さえあればどういう扱いでもなる。そんなことを考えてしまう可能性があります。そのため、給料だけで考えてしまうのは、もう少し待った方が良いでしょう。

転職する時期は、自分の考えと会社の考えの違い

転職する時にベストな時期とは一体どのようなタイミングなのでしょうか。最もわかりやすいのが、会社の考えるビジョンと自分の仕事に対する考えが違う時です。会社で仕事をすることは当たり前ですが、仕事をする上で、将来どのような自分になりたいかを考えることは大切です。このズレが生じていないかを考える必要があります。今の目標を達成させるために、辛いことを受け入れてもやっていけるか。それとも、今辛い経験をしても、会社の目標と自分の目標が違っているので、仕事のモチベーションがないそんな場合も考えられます。自分の考えと会社の考えが違うと感じる時が転職をするベストなタイミングと言えます。その理由は簡単です。会社の目標と自分の目標が一致していなければ、自分のキャリア成長は難しいと言えます。そんなところで働くくらいなら、自分の目標や夢が達成出来る会社へ移動するべきです。もちろん、その目標は部署を変わるだけで変わる可能性もあります。そのため、転職を勢いで決めるのではなく慎重に考える必要があるのです。

まとめ

転職するタイミングは人それぞれですが、タイミングを間違えて行ってしまうと転職先の会社でも同じように転職活動をしなければいけなくなってしまいます。このようなズレを解消させるためには、今の会社のビジョンと自分の目標が本当に一致しているのかを知る必要があるのです。転職したいと考えたら、一度冷静になって何で自分は転職をしたいのかという原点に帰って考えることが良いと言えるでしょう。