post

転職面接の終盤で必ずといってもいいほど面接官から聞かれる「何か聞きたいことはありますか?」という質問。実際にはどの位給与が貰えるのか、休みはどの程度とれるのか、残業はどれくらいなのかなど自分に有益な情報を質問したいのが本音だと思いますが実際には質問しづらいものです。しかしこの「何か聞きたいことはありますか?」を逆手にとり自分をアピールする手段があるのです。そこで今回は面接官からの「何か聞きたいことありますか?」に対してどんな質問をすればいいのか話していきたいと思います。

どんな社員を求めているか質問してみる

面接官に対してどんな社員を求めているのか質問すると自分が社員になった時にどんなスタンスで仕事に取り組んでいけばいいのかが見えてくるのと同時に面接官は社員になったことを想定出来ていて仕事に対しての意欲を感じるはずです。面接というのは短い時間で執り行われる為、如何に仕事に対して意欲があるのかをアピールする必要があります。

入社する前にやっておいた方がいいことを質問してみる

入社する前にやっておいた方がいいことを質問しておくと、実際に準備しておくものや資格取得や勉強などを知ることができると共に上記で話したのと同じようにいち早く会社に馴染もうとする意欲を感じさせることができます。会社という集団行動の場で会社にいち早く馴染めるように努力しようとする人と、いつまでも馴染めない人ならば前者の方が一緒に働きたいと思うはずです。 

現在社内で力を入れて取り組んでいることを質問してみる

社内で力を入れて取り組んでいることを質問すると今実際に行われているプロジェクトや奉仕活動などを知ることによって会社がどのような方向に向かっているのかを感じ取ることができます。何も分からないまま入社してからだと対応していくのも大変ですが事前にどのような事をしているのか少しでも把握しておくと臨機応変に対応することができます。

まとめ

ここまで色々と話してきましが面接官の「何か聞きたいことはありますか?」には自分をアピールするチャンスが転がっているのです。
どんな人物が社員として求められているのかを知ることや、入社前に準備しておく必要のあるものを聞き出し、社員としての心得や勉強などを事前にしておくことができるのと同時に仕事に対して意欲があるということをアピールすることができます。また社内で力を入れて取り組んでいることを聞き出せば社内の特色や方向性を把握することもできます。