post

転職は、様々な方法が考えられます。知り合いの人の紹介で転職する方法や、自分で転職先を見つけて転職するものまで様々です。その中で、一番他の転職よりも良い条件で転職する確率が高いものがあります。それは、ヘッドハンティングでの転職です。ヘッドハンティングの転職は、今の職場よりも、良い条件を提示されて転職出来るという転職する人にとっては、良いものです。しかし、間違ったヘッドハンティングの転職も存在しています。このような事態になってしまったら、転職活動がうまくいきません。ヘッドハンティングの転職の良いもの悪いものとは、一体どのようなものなのでしょうか。

ヘッドハンティングの転職のあれこれ

ヘッドハンティングは、良い条件で自分を雇ってもらうイメージが多いと思いますが、最近ではすべてそうではありません。もともと、ヘッドハンティングを積極的に行っていたのが、外資系の企業ですが、最近では国内の企業でも積極的にヘッドハンティングをするところも多くなってきました。しかし、このように一方的にヘッドハンティングする企業だけではありません。最近では、登録してヘッドハンティングしてくれる企業を見つける転職サービスを行う企業も登場してきました。現在、転職が当たり前になった時代でもあるので、ヘッドハンティングのような転職も当たり前になってきているのです。

ヘッドハンティングに気を取られてませんか

ヘッドハンティングでも、危険なものもあることをご存知でしょうか。実は、ヘッドハンティングをされたことで、何も考えず転職をしてしまう人がいます。しかし、これは非常に危険が伴うことも知っておくことが良いでしょう。ヘッドハンティングされたということは、その企業で期待されていることは間違いありません。結果を残さないと、会社での居場所もなくなりかねません。最大のポイントは、将来のビジョンとヘッドハンティングされて、会社を変えることは本当に大丈夫なのか?ということです。雇用条件が良くて転職したとしても、自分の目指す将来が違うのであれば、いずれこんなはずではなかったと仕事に違和感を抱いてしまう可能性があるのです。このようなミスマッチを起こさないためにも、ヘッドハンティングされた会社で自分の夢が本当に実現するのだろうか。といったことまで考える必要があるのです。

まとめ

ヘッドハンティングは、雇用条件をアップさせる上では、とても良いものと言えます。しかし、一歩間違えると、自分の積み上げてきたキャリアを壊しかねないことでもあることを知っておく必要があります。もちろん、ヘッドハンティングされるということは、転職先の企業から認められているということでもあるので、自分の仕事内容を評価されていると前向きに考えることも大切です。その場で流されず慎重に考えることが何より大切です。