post

転職する理由として、今の職場環境に馴染めないことや新たな環境で働いてみたい、新しい仕事をしてみたいなど人それぞれ様々な理由があることと思いますが、最も多い理由が今の給与よりも多く給与が貰える仕事をしたいというのが本音だと思います。しかし転職先を探す際に求人票などに記載されている給与欄は最低賃金と最高賃金が記載されていて自分がどのくらいの給与を貰えるのか不透明なところがあります。ですが面接をわざわざして頂いている立場から面接でいきなり自分がどの位の給与を貰えるのかということは
企業側の印象が悪くなると思ってしまいなかなか聞きだせません。
そこで今回は転職活動の際に金銭面のことを聞きやすくする下地作りについて話していきたいと思います。

面接の際に自分がどの位の給与が貰えるかということを仕事の経験や年齢などから算出して提示してくれる企業も現在ありますが、勿論提示してくれない企業もあります。入社してからの働き具合から給与を決めるという企業もありますが、雇用した以上支払う給与は大体決めているはずです。企業側も面接の質問で今どれぐらいの給与を貰っているかということを必ずといっていいほど聞いてきます。
これは、面接者を採用したらどれぐらいの給与を払わないといけないのかという目安になり非常に重要なポイントになります。ここでお金の話をすると印象が悪くなってしまうのではないかと考え過ぎ曖昧に答えてしまうと転職してから双方の給与の考えの違いからトラブルの元になってしまうので  今自分がどれぐらいの給与を貰っているのかを企業側に知らせておく必要があります。 

面接の際に給与などの金銭面を積極的に聞いていくには、企業側がこの人を採用したいと思わせる明確な実績を作っておく必要があります。今まで勤めてきた会社内でしか分からない実績ではなく、企業側に提出する履歴書や職務経歴書を企業側がパッと読んで分かるような明確な実績を作っておく必要があります。  面接は限られた時間で行われる為、短時間でこの人にこの会社で働いてもらいたい思わせる実績があると給与面などの金銭面に関して聞きやすくなります。 

多くの企業が転職者=経験者ということを重視し転職者を採用しようと考えます。しかし経験者であっても今までどの位の仕事をし、どの位のスキルを身につけてきたにかは働いて貰わないと分からない所があります。提出された履歴書や職務経歴者を読んだだけでは
分からないこともあり、そんな時どれだけのスキルを持っているのか分かりやすいものが資格となります。面接は短時間な分、その人がどんな資格を持っているかで、どれだけのスキルを持っているのかおおよそ把握することができます。  スキルを明確に持っていることが企業側に伝われば面接者に興味も湧きその分、金銭面に関しても聞きやすくなります。 

ここまで色々と話してきましたが、転職者は採用していただくという考えから企業側に悪い印象を持たれたくないと給与などの金銭面について聞くことが難しいと考えてしまいます。しかし生活の為に働いていく以上どれぐらいの給与が貰えるかということは非常に大事になってきます。企業側に金銭面のことを聞きやすくする為にも明確な実績やスキルを企業側に提示し、この人が会社に欲しいと思わせる下地作りを転職前にしておく必要があります。