post

「当たり前じゃないか」と言われてしまうかもしれませんが人と接するとき誰しもが「嫌な人」と思われるよりも「良い人」と思われたほうが気分は良いはずですし、相手も悪い人という印象の人よりも良い人という印象の人と付き合っていきたいと考えるはずです。これは転職の面接でも同じことが言えるので一般的に相手に対しては好意的に接したほうが良いとされています。しかしなぜ好意的でなければならないのでしょう?そこで今回は転職面接において何故好意的に接し好意的な印象を与えなければならないのかを話していきたいと思います。

面接は短時間勝負だからこそ

転職面接は基本一回であることが多く平均して30分ぐらいの時間でどういった人材かということを判断する為、短時間勝負ということになります。この短時間勝負の中では面接官の評価として「悪い人」という印象で終わるよりも「良い人」という印象で終わったほうが採用するか否かの判断をする時に確実に好印象だったという評価に繋がります。

反抗的な態度からは何も生まれない

では反対に「悪い人」という印象で面接が終わってしまったらどうでしょうか?これは後から採用するか否かを判断する時に確実に悪い評価しか頭に残らなくなってしまいます。面接において圧迫面接や立場を利用して、相手が嫌だと思う質問や答えたくない質問をしてくる面接官も少なくはありませんが、だからといって反抗的な態度をとってしまっては相手に対しても自分に対してもプラスになるような事柄は何も生まれません。まずは嫌な質問や答えたくない質問をされてもこの会社から採用を勝ち取るという意識を頭に持ち、自分が嫌な気持ちになったならば、採用を勝ち取ってからその会社に入社するか否かの判断は自分がするぐらいの気持ちで臨みましょう。

結局良い人だと思われれば面接は勝ちである

結局転職面接というのは採用を勝ち取ることが大前提であり、良い人だと思われたら勝ちなのです。採用試験に臨むということは誰しもが企業側に好印象を与えるように多少なりとも猫を被ります。しかしそのことは企業側も当然気づいており、それを見抜くため面接で様々な質問をしてきます。そのことからこの様々な質問を掻い潜り、良い人だと思わせたのならば自ずと採用は近づいてくるのです。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが誰でも理解していることなのかもしれませんが転職面接では企業に好意的な印象を持たれたほうが採用は近づいてきます。転職面接は短時間であることから「悪い人」と思われて終わるよりも「良い人」と思われて終わったほうが良い印象で頭に残ることが多く、逆に「悪い人」とい思われて終わってしまえば、悪い印象しか残らなくなってしまいます。また転職面接というのはあくまで採用を勝ち取るというのが大前提なので、とりあえず「良い人」と思わせ採用に自分から近づいていくことが大切になります。