post

転職には、キャリアアップ・給与のアップ・生活環境の向上など様々なメリットが存在し、自分を向上させるチャンスが広がっていますがそれと同時にデメリットもあり転職をするのにはリスクも伴い、そのことを十分理解した上で転職を決断しないと後に取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。そのことを踏まえて今回は転職した際に起こりうるデメリットについて考えていきたいと思います。

給与の下落

転職する理由の一つとして給与への不満を挙げる人が多くいます。これは現在の仕事に不満がなく、やりがいがあったとしても給与が少ないと生活していくのが厳しくなってしまい為で、給与を向上させる手段として一番現実的なものが転職なのです。しかしこの最善と考えがちな転職ですがよく調べ、よく考え、しっかりとした交渉をしていかないと、給与の向上は愚か給与が下落してしまう恐れがあるのです。そのことから転職は給与を向上させるチャンスも転がっていますが給与を下落させてしまうリスクを伴うということを頭に置いておきましょう。

仕事内容の不一致

前職の仕事への不満やキャリアアップを考え転職を考える人も多くいます。これには転職は職場を変えることでの仕事への不満解消や更なる高水準の職場に身を置くことでキャリアアップができるというメリットがあり実際に成功されている人もいます。しかし職場を変えるということは同業種の職種であっても仕事内容は多少なりとも変わってきますし、職場環境を変えたからと言って仕事への不満が確実に消える可能性などなく、キャリアアップが約束されている訳ではありません。そのことから現在の職場で不満が解消される改善策は本当にないのか、本当にキャリアアップができない環境下に置かれているのかをよく考え、行動していきましょう。

人間関係の不一致

やはり職場というのは自分が人生の大半、身を置くところなので人間関係は非常に重要なものです。ですから人間関係の不一致から転職を考えることはけして悪いことではなく、転職には人間関係が改善されるチャンスが転がっています。しかし人間関係の不一致から転職を決め、新しい環境に身を置いたとしてもそこで人間関係が改善される保証はありません。そのことからまずは人間関係が不一致になってしまう原因を探り、自分から歩み寄れる人間になっておかないと根本的な解決にはなりません。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職には自分が不満として挙げているものを改善させられるというメリットが存在します。しかし転職をする際、不満が解消されると安易に考えてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。そのことから転職を決断する前に自分が不満として掲げているものに対しての根本的な原因や解決策の模索、自分の仕事に対しての考え方を今一度見直してみる必要があります。