post

ある程度同じ職場で働いていると大きい少ないは人により違ってくるとは思いますが、誰しもが転職をしたらどうなるのかなといったことを考えると思います。しかしその中でも何故転職しないという選択肢を選ぶ人がいるのでしょうか?そこで今回は転職を選択しない側の人にスポットを当てて、その心理を考えていきたいと思います。

現状に満足している

まず転職を考えない人は単純に現状に満足しているので転職を考えなくても良いということが挙げられます。企業に雇われて働く以上全く不満が無く働いている人などいないと思いますが、ある程度の折り合いをつけているか、その職場がその人のスタイルにあっているなど恵まれた環境で働いているといえます。

本当は転職したいけれど踏み出せない

次にあげられるのが実は転職したいけれどなかなか踏み出せないといった人です。転職は非常に根気が入り、人によって何社も会社の採用試験を受けなければならないことや、もし採用試験に合格したからといってその企業が自分にとって良い職場なのかは働いてみるまでは分からなく、転職が必ず成功する保証はありません。そのことから先行きがわからない転職をするよりも、不満があっても現状維持で働いている人も少なくないと言えます。

転職しないことは本当にリスクがないことなのか

では転職をしないことは本当にリスクがないことなのかというと、確かに転職しないほうがリスクは少ないです。上記でも話しましたが転職は必ずしも成功する保証はなく、リスクがあるのは事実なので現状に不満がない人は、わざわざリスクを抱える転職をする必要はありません。しかし現状に満足していなく、リスクを抱えたくないという理由で転職を考えない人はその状況は永遠と続きます。そういった面では現状に不満がある人は転職という選択肢に一度向き合ってみるとその状況を打破できるかもしれません。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職をしない人の中にも現状に満足している人と現状に満足していないが我慢している人の2パターンが存在します。それを踏まえ現状に満足している人はわざわざ転職というリスクがある選択をする必要はありませんが、現状に不満がある人は転職を考えないでその場に留まっていても状況は変えられません。そのことから今すぐ転職するかしないかは別として「転職する」という選択肢を一度自分の中で考えて、どうすれば良いのか選択していく必要があります。