post

転職活動を成功させるには過去の実績やスキルなどが豊かな人が有利と思いがちですが、実際はいくら実績やスキルがあったとしても不採用になることも少なくありません。その不採用になってしまう要因の一つが自分の身の回りのことに気を配りきれないまま面接に臨んでいるいわば、セルフプロデュース不足というところにあるのかもしれません。そこで今回は転職面接で身の回りのことに気を使うのが如何に大事か話していきたいと思います。

身だしなみに気をつける

まず自分の身の回りのことで一番気をつけないといけないのが身だしなみです。転職面接は限られた時間で行われる為、第一印象がそのまま反映されます。そこで髪の毛が綺麗にまとめられていなかったり、スーツやシャツがシワシワだったり、持ち物が汚れているなど面接という大事な場でそのようなことにすら気を配れないとなると会社に入っても生理整頓が出来ない人だという印象を持たれてしまいます。身だしなみは身の回りのことに対して清潔を保てるかという審査の一つだと思い面接に臨みましょう。

姿勢に気をつける

姿勢の取り方一つで相手の印象は大きく変わります。背筋が丸まっているとやる気のない人だと思われ、大股を広げて座っていると威圧的な人だという印象を与えてしまいます。面接という短時間の審査の中でこのような印象を与えてしまうのは致命的です。姿勢の悪さは癖になっていることが多いので日頃の生活から意識しながら綺麗な姿勢を保つように意識し、矯正していきましょう。

臭いに気をつける

臭いというのは非常に難しい問題ですが人間として一番指摘しづらく嫌悪感を抱くものなのです。体臭など防ぎようのないものは仕方ないですが、スーツやシャツの臭い、面接を受ける前に食べるものや香水の付け過ぎなど自分で事前に防げるものは意識して改善を促し、面接官に不快感を与えない取り組みをしていきましょう。

まとめ

ここまで色々とはなしてきましたが転職面接では自分の身の回りのことに気を配れるか否かが合否を左右すると言っても過言ではありません。身だしなみに気を配り清潔を保つことは勿論、姿勢の悪さは相手に不快な印象を与える為、日頃から意識して矯正していく必要があります。また自分では気づきにくい臭いの問題で知らない間に相手に嫌悪感を与えてしまっていることもあるかもしれないので意識して未然に防いでいく必要があります。